速聴・速読

速聴・速読法って何?

写真1
速聴・速読法とは、一般的な速読法の訓練とは全く違い、子供でも楽しく飽きずに訓練ができる方法として、米国で開発されました。
朗読されたテキストを、耳から聞こえてくる音声に従って文字を目で追うという聴覚をも刺激した方法です。
デジタル処理された音声は、次第に速くなっていくので、訓練していくことにより、情報が右脳に直接入力されるようになるのです。通常の朗読音声では、5倍以上になると普通の人はほとんど何を言っているのか聞き取れなくなります。
しかし、訓練を積み、脳が慣れてくると5倍・8倍の音声を楽に聞き取れるようになります。
通常の単行本ですと、30分くらいで読み終えてしまう速さです。
そしてこのような状況下では、脳は追唱(声を出さずに頭の中で文字を音声にすること)をする時間を許さず、情報は直接右脳に入り記憶されるようになります。
その結果、脳の神経細胞は活性化され、シナプス(脳内回路)も増えて、速脳ができあがってくるというわけです

実際の訓練は?

実際の訓練は?
▲500冊以上の本
最初は1倍から1.5倍で、主に興味のある物語などを読んでもらいます。
独力で読むのと違い、声優の音声がナビゲートしてくれますので、本の嫌いな子、読むのが遅い子でも、自然と文章に親しみを持ち、物語の展開にのめりこみます。
ここでは本の素晴らしさを体験してもらおうという趣旨もあります。

相乗効果

速読5倍以上になりますと、情報は左脳を介さずに右脳に直接インプットされるようになります。
この状態になると、字を絵として右脳が捉えるので、本の内容や書かれている漢字などを驚くほど記憶していきます。
現在訓練中の生徒も文中に出てくる漢字をスラスラと読めるようになってしまうというのは、教室内では日常的なことです。

集中力

そして、速聴・速読は知らず知らずのうちに、文字を高速で追う(1字1字からそのうち10~20字を一時に見るようになる)ことから、大変な集中力を必要とし、右脳が活性化し、α~θ波の脳波が発生します。
生徒は速読を終了した後も、当分の間はα~θ波の脳波が検出できる集中状態となるのです。

勉強への活用

脳波がα波状態になっている時は、非常に集中していますので、速聴・速読の後には、必ず新規に学ぶ単元の学習、または集中力を要するドリルなどを行います。
速聴・速読の前と後では、計算ドリルの所要時間と正解率が大きく差が出ます。
また、集中力のない子供でも、最低40分くらいは集中力が持続したという実例もあります。

体験者のメッセージ

[速聴・速読で愛娘が変わった!]
☆南葛西 嶋田さん(小学2年生の父親)
私の第六感では「これしかない!」と思い、「速聴・速読」を始めさせました。
今まで買い揃えていても本を読まない子でしたが、やり始めて3ヶ月、いまではほんの虫状態です。

先生の声がはっきり、ゆつくりと聞こえるようになったと言っております。
また、それまでは落ち着きのない子でしたが、「速聴・速読」をやり始めてから、集中力が持続するようになっているようです。
因みにIQも15ほど上がっていたのには、驚かされました。
今度は弟の方にも是非やらせようと思っております

[速聴・速読で勉強が楽しくなった!]
☆西葛西 G.Hさん(小学6年生の母親)
私の子供は現在中学1年生ですが、小学5年生の時に「割合」の単元でつまづき、勉強嫌いな子供になっておりました。
たまたま「速聴・速読」の良さを聞き、子供にさせました。
「速聴・速読」はただ聴くだけでいいですので、勉強嫌いの子供でもやってくれました。
使い始めて3ヶ月位経った頃、学校の授業が良く解るようになり、数学のテストの点が30点上がりました。
子供に話を聞くと「勉強が面白くなってきた」と言い、私はこれほど大きな変化に大変な驚きと同時に感謝の気持ちで一杯です。 読書週間からか暇があればいろいろなジャンルの本を読むようになり、、これも一生の財産だとおもいます。

☆浦安市 中学1年 吉田雅美さん
私は中1の1学期は、180人中137番目でした。
そのため1学期の終わり頃には、母の薦めで「速聴・速読」を始めました。
初めは速さを2~3倍で1週間に3日、1日30分間聴いていました。
すると、教科書を読んでもどんどん速く読めるようになり、先生の言っていることも良く解るようになってきたので、「速聴・速読」を聴く時間を増やしたところ、2年生の2学期には200人中15番になりました。
今は勉強すること自体が楽しくなり、毎日2時間は机の前に向かっています。
目標を学年で一桁台を目指して毎日学習に取り組んでいます。