脳力開発特別プログラム

こんなことで悩んでいませんか?

集中力や落ち着きがない!
 計算はできても文章問題になるとできない!
国語の長文読解問題が苦手!

 文章を読むのが遅い!
 文章をスムーズに読めない!
 文章全体を把握できない!
 本を読まない、読めない!
 文章がうまく書けない!
 話を伝える事ができない!
 話を最後まで聞けない!

学力の土台=国語力です!

 授業中に先生の話を理解するにも、文章題で何を問われているのか理解するにも、国語力が必要です!

 テレビやゲーム、スマホ世代に入り、圧倒的に読書量や記述・表現力が不足しています。そのような環境下で、成績も伸び悩み、学習で苦労されているお子さまが非常に多いのが現状です。

 米国で開発された子ども用の速聴・速読法(読書くらぶ「脳力開発特別プログラム」)を日本の進学塾では先駆けとなる17年前に採用し、現在はこれに『読む解くメソッド』を取り入れ、学習で一番大事な「国語力」を練成するカリキュラムで指導してまいりました

 この学習法は、速聴・速読力のみならず、集中力を養うことにも絶大なる効果を発揮します。
 早い生徒では、ヶ月の訓練で3倍の速度、入塾後3年で平均6~8倍速で正確に文章を読むことができるようになっております。低学年(小1~3)は、語彙数を増やす為に辞書引きの習慣化と語彙特訓も実施しております。

読書スピードアップで、偏差値アップ!

 読書スピードが速いお子さまほど、偏差値が高くなっていることが認められております。
 これは、文字を理解する速さ、つまり情報処理速度が向上したことになります。
 読書スピードが4倍になれば、今まで1回読んでいた時間に4回読むことができるようになり反復学習に高い効果を発揮します。
 また、速聴・速読を通じて脳を活性化させることで集中力・記憶力・語彙力も向上させることができます。
 この学習法を、お父さま・お母さまもぜひ体験されてみて下さい。